読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

「これが今の立ち位置」 J1 セレッソvs大宮生観戦

セレッソはいつものメンバー。よっしゃ行ったるで!と思いきや、始まってすぐ扇原のミスパスを金沢がハーフライン付近からゴールに向かって蹴り込んで、そのままゴールで1-0。

ジンヒョンには止めて欲しかったが、ここは金沢のキックを褒めよう。気を取り直して試合再開。大宮は前からプレス来て、ラインは高くて、コンパクトに4-4作れてて、あぁこれは典型的なセレッソの苦手なタイプ。特に扇原がプレスに弱いから、前から来られる相手にはどうしても弱い。

だが、この日のセレッソは一味違う。右サイドを中心に蛍と新井場とのコンビで縦に抜けたり、エジノもゴールに直結するプレーは相変わらずないけど、今日はボールをしっかりキープしてここでもたまに前に向けるし、シンプも積極的に攻撃参加して、ちょいちょい真正面から大宮ディフェンス崩してる。

これまでのセレッソは大宮みたいな守備の前にはボランチのところでキープが出来ず、サイドに追いやられて息苦しくなって、望みに薄いプレーにかけてボールを失い守備に追いやられる展開が茶飯事だったけど、ちゃんと組織とコンビネーションで崩せるようになっていて、ちょい感動してる自分がいる。

時間が経つにつれ左サイドも使えるように。この日は丸ちゃんの状態が悪かったけど、その分枝村がワンタッチでボールをさばき流れをよくしている。枝村ってなんか個性が掴みにくかったけど、こんなにパンパンボールをつなげる人だったっけ?そのワンタッチぶりに自分の中のバルセロニスタの血が騒ぐ。

守備の時の寄せは甘いし、時折無気力っぽく見えるのがアレだけど、これからは枝村のプレーぶりに目が引かれそう。そんなこんなで大宮の守備は崩せるもののゴールが生まれなかったが、45分、扇原の縦パスに抜け出した柿谷が見事すぎるトラップで綺麗に前を向く。あとはゴールに流し込むだけ、1-1。

それまではプレスから逃げてバックパスも多くゲームを組み立てるプレーは出来てなかったけど、こういう綺麗な縦パスが時折出てくるから扇原は外せないのよな。ジーニアスのトラップもエグすぎる。トラップでこれだけ見せれる選手は小野以来じゃなかろうか。ザックさん、

後半もおんなじカンジ。ただ、後半14分調子の悪かった丸ちゃんに代えて楠神を入れたあたりから流れがなんかおかしくなる。これに伴い扇原が左SBに入り、蛍ボランチ、右枝村、左楠神。この楠神が加入したてだからとにかく周りとの連携が悪く、周りがどんなプレーをしたいかが全く理解出来てない。

周りにどんなプレーをする選手なのかも理解されてない。だからここでボールが止まり奪われる機会が多くなった。そんな折に事件。高橋がファールでエジノを止めてイエロー。その後抗議でレッドカード。その後も抗議抗議でピッチを出る際はペットボトルを蹴り飛ばしてまぁスタジアムの空気の悪いこと。

これで波に乗らなきゃいけないセレッソだけど、完全に守りに入った大宮の前に攻撃に焦るばかりで自滅気味。時には前線に5人が並んでボールを欲しがってるけど、向こうさんもがっつり引いてんだから出すところなんて全然ない。

そういう時はバイタル使って守備を前に引っ張り出したいのに、そんな落ち着きを持ってる選手は一人もいない。みんな前へ前への気持ちが強すぎて、出すとこそこしかないからいれるけど、簡単にボールを奪われてカウンターを仕掛けられ続ける、ってこれ完全に悪いときのセレッソやん。

するとやられた後半40分、大宮が前にポーンと蹴り出したボールをセレッソディフェンスが処理できず、途中出場の渡部に頭で処理され、そのボールを受けたズラタンが技ありボレーで、2-1。その後も時間をうまく使われて、そのまま試合終了。

勝たなきゃいけない流れで引き分けるどころか負けて、特に相手が一人少なくなってからの試合の運び方とかまだまだ若くて成長途中のチームだなぁ、と。まぁ今までが出来過ぎてた感も正直言ってあるし、まだまだ詰めるところは詰めないと。まず点取れる選手がジーニアスしかいない。

エジノは今日は自分ができることやってたけど、それがことごとくゴールに絡んでないというか、この人を使ってのゴールのイメージが全然見えてこない。ジーニアスの裏への抜け出しからのシュートしかゴールパターンがないってホントどうなの。クロスは全然引っかからないし。

シンプリシオの上がりとか蛍の右サイドからの絡みとか、そこらへんの精度をもっと上げてくしかないか。あとタックミー。この日は途中出場だったけど、少し大事にいきすぎるというか、緊迫した場面での勝負度胸はまだないカンジ、まぁここも成長を期待しよう。

2連敗して一つ一息。この負けで今一度自分たちの立ち位置を確認して、出来ることと出来ないことを確認して、もう一度仕切り直したいところ。次は清水。その次は大分。もう一度流れに乗るには悪くない相手だ。次こそはジーニアスか蛍以外のゴールが見てみたい。