読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

ユーロで談合 【ユーロ16 グループA第2戦 スイス対ルーマニア】

さてさて。

 

アルバニアをなんとか下したスイスと、フランスに健闘するの最後の最後でパイェに全部持ってかれたルーマニア

スイスは第1戦とほぼメンバー変わらず。

内容もほぼ変わらず。豊富なタレント力でチャンスを作るも、セフェロビッチがシュートを外すという展開。シュートへ持ってくまでの技術は1級品、シュート精度は3級品という選手はどう評価すりゃいいんだろう。

 

フランスに負けて後がなくなったルーマニアはメンバーを大幅入れ替え。

でも内容はほぼ変わらず。フランス戦と同様PKゲット。フランス戦と同様スタンクが決めて先制。前半18分と早い段階でリードを奪う。スイスは追い詰められたものの、元々ルーマニアが受けの姿勢なので、流れは変わらなかった。

 

チャンスの多さは6:4ぐらいでスイス。

ルーマニアにも惜しいチャンスがあっただけに追加点入れれてれば、楽に戦えたろうけど、さすがに90分スイスの猛攻を耐えるだけの力はない。57分、コーナーキックのこぼれ球をメフメディが思いっきり蹴り込んで同点。

その後は両チームとも決め手を欠く展開。

64分にはセフェロビッチに代わってエンボロが出場。バーゼルではスゴイことをやってただけに、この日も期待したけど、まだ立ち位置が掴めてなくて、何がしたいか分かんないしパスもこない。なるほど、いくらシュートが下手でもセフェロビッチが選ばれるわけだ

 

ということでm結局そのまま試合は終了。

ルーマニアアルバニアに勝てば勝ち点4、スイスはフランスに負けても勝ち点4。今大会は3位でも決勝T進出がありえるから、終盤はそれを見据えた上での談合のような展開だった。参加国増のデメリットがここにも?今日、勝ちに行かなかったことを後悔しなければいいけども