読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

優等生と変なやつ 【ユーロ16 グループD第1戦 クロアチア対トルコ】

さてさて。

 

死のグループDの第1戦、クロアチア対トルコ。
バルサラキティッチにマドリーのモドリッチコバチッチ。ユーベのマンジュキッチインテルペリシッチ、ブロゾビッチとイタリアなんかよりよっぽど豊富なタレントを誇るクロアチア
なのに、国際大会では良い結果を残せない。主力はほぼ変わってないのに前回大会もブラジルでもグループステージ敗退だ。気づけばモドリッチももう30歳!ここらへんでなんとか優勝カップに手をかけておきたいところ。

対するトルコは2大会ぶりの参戦。
8年前はチェコ相手に2点差をひっくり返したり、クロアチア相手に延長戦ロスタイムでおいつきPK戦で勝利したり、ミラクルトルコ旋風で大会を蹂躙、ベスト4まで上り詰めた。監督も当時と変わらないファティフ・テリム。試合内容はイマイチなんだけど、終わってみたらなぜか勝ってるというテリムマジックは今大会でも拝めるか。

 

試合はクロアチアが圧倒。
モドリッチとバテリが相手のプレスをかわしてボールをさばき、ペリシッチとブロゾビッチのインテルサイドハーフコンビがサイドを崩してクロスを上げて、マンジュキッチラキティッチがつっこむという教科書に載ってるような優等生サッカーを披露。各選手の質が高いからシンプルなサッカーでも攻撃力十分。トルコの守備もゆるいし、いつゴールが生まれてもおかしくない展開。
でも、全然ゴールが入らない。
シュートはバカスカ撃つものの、ことごとく枠をそれるかバーに直撃。クロスの際はマンジュキッチが囮役となって、逆サイドのペリシッチ、ブロゾビッチが入ってくるパターンが多かったけど、この2人がとにかく点を取らない、取ってくれない。
しかし、そんなピンチも結局モドリッチが助けてくれる。
41分、セットプレーのこぼれ球、トルコの選手が高く蹴り上げてクリアしたボールを、右足でダイレクトドライブシュート。ボールはゴールネットに突き刺さってクロアチア先制。

さすがモドリッチ、役者が違う。ドライブシュートといえば昨日のベイルのFKもそうだった。CLを制覇してマドリーの選手はいい感じで大会に臨めているのかも。

 

しかし、トルコも黙っちゃいない。
後半開始からボルカン・シェンを投入。手元の名鑑によると「メンタルにやや難あり」とあるけど、それも納得の相手を削りにいくダーティなプレーと破壊力のあるドリブルでクロアチアディフェンスを崩しはじめた。目立たなかったアルダやジェンクも早い時間帯に下げ、ユルマズとエムレ・モルを投入。このモルって選手は18歳と全選手の中で3番目に若いそうで、憧れはメッシ、ドルトムントへの移籍が決まってる新星だそう。メッシのプレーはビデオで研究するほどの勉強家らしく、ヒールでおしゃれなパスを出したり、なるほどその痕跡はチラホラうかがえ、実際この3人を原動力にトルコがクロアチアを押し始める。采配が効果的に働くのもテリムマジックの特徴のひとつだ。

 

ただ、クロアチアとしてはこの展開もよし。
前に出てくれる分、後ろにスペースが生まれるから、そこをついてカウンターを仕掛ければいいだけの話。でも、モドリッチ以外のシュートが入らない状況に変化はなく、何度もビッグチャンスを迎えるものの、不思議なぐらいゴールが奪えない。
突き放したくても突き放せない。背中にぴったりトルコがへばりついてるような不気味な展開。8年前はロスタイムに追いつかれてユーロベスト4を逃した。嫌な思い出が頭をよぎるが、今回は最後まで集中を崩さず。クロアチアがなんとか逃げ切り勝ち点3をゲットした。

 

ということで。
8年前のトルコの不思議なパワーを目の当たりにしているだけに最後まで何かが起こると思ってたけど、結局なにも起きなかった。でも、ここはなにも起こさせなかったクロアチアディフェンスに拍手を送るべきなんだろう。特にチョルルカは頭の流血、そしてメディカルスタッフの包帯の巻き方がヘタという不運にも負けずに90分戦い通した。闘志丸出しの頼れるCBがいるというのは日本代表サポーターとしてうらやましい限り。
攻撃陣が追加点を奪っていれば、もう少し早く休ませてあげれたのかもしれないけど。

あれだけ多くのチャンスを外したのはたまたまか、それとも選手のクオリティに難があるのか。内容も優等生すぎてちょっとおもしろさに欠ける印象。モドリッチを思い切ってトップ下にして、イマジネーションを存分に生かすのもおもしろいかも。

トルコは早くも勝ち点3を失って2位まででの通過は厳しくなった。
ただ、理屈を超えた不気味な強さはまだありそう。今大会はチーム数が増えて3位までに決勝トーナメント進出の可能性があるから、そこに滑り込んでその先で大番狂わせ、なんてことも期待してしまう。そのためにはチェコをなんとかしなきゃいけない。こちらも8年前にテリムマジックに痛い目にあった国。今大会はどうなるか。