読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

迫られる決断

ビラノバが辞任するそうで。

ただでさえバルサってクラブの監督務めるのは体力的にも精神的にも世界で指折りの酷な仕事だと思う。その分やりがいだって半端ないけど、かといって重い病気を背負ったまま続けるもんではないし、続けるべきでもないだろう。命あってのモノダネ。心より快復お祈りしています。

これでバルサは、歴史を左右する決断を否応無しに迫られることになった。 バルサは昨季、すごく複雑なシーズンを送ることになった。 国内リーグでは優勝し、CLではベスト4、国王杯でもベスト4と、成績だけ見ればまずまずだったと言える2012-13シーズン。

しかし内容を思い返してみると良いシーズンを過ごせたとは言い難い。国内リーグ優勝と言っても、国内の不景気と共に競争力の低下したクラブ相手に、メッシのゴールラッシュが繰り返されて行く日々。マドリの低迷にも助けられ、あまり歯ごたえのないまま気がつけばあっさり優勝していた。

そんなマドリ相手には1勝も出来ず、国王杯と国内リーグのダブルクラシコでは2タテを食らう屈辱。CLでも守備の脆さをつかれ、ミラン、PSGをかろうじて下しベスト4に進むも、準決勝、思い出すのもおぞましいバイエルン戦。フットボール界の中心がバルサからバイエルン戦に移った一戦だった。

俗にいう「サイクルの終わり」。バルサが無敵と信じられていた2年前はもはや遠い過去。あの頃のような破壊的な攻撃力も、攻撃的な守備も見る影はない。もう世界はバルサの倒し方を知っているのに、バルサだけは何もせず同じサイクルを続けているのだから、それも当然といえば当然の話。

個人的にサイクルはペップが辞めた2011-12シーズンに終わったと考えている。CL準決勝でチェルシーに気持ちいいぐらいに抑えられて負けた時にこれまでのサイクルは終わり、新しいサイクルを始めなければいけない、と思った。

しかし、バルサのフロントが下した決断はペップの右上だったビラノバ助監督の内部昇格。人こそ変わっているもののペップ路線の継続、サイクル延長の決断を意味する。実際、ペップ時代から顕著になりつつあった守備の問題には全く手がつけられず、そこを責められ苦い敗戦を繰り返し味わった。

優勝したクラブが13戦連続失点を喫するなんて前代未聞。そしてあの0-7。否定しようのないサイクルの終わり。来季に向けて守備の改革は必須。しかし、それでもフロントはビラノバに責任を追求することはなく、続投させるつもりでいた。ビラノバにそのアイデアなぞまるでなさそうなのにも関わらず。

だが、フロントの考え方にも一理ある。なんせバルサは国内リーグを優勝しているのだから。CLもベスト4で別段批判される成績ではない。ビラノバの路線を変更する必要はない。ネイマールも獲った。きっと来季も国内では優勝争いできるだろうし、組み合わせ次第ではCLでも良いとこまでいけるだろう。

ペップから続くカンテラ重視の今の路線。さすがに今季は少し改め、ネイマールという目玉選手を獲り、あぶれていたカンテラーノをまとめて放出したが、代わりの補強はなく、その穴を埋めるのはまた新しいカンテラーノだろう。カンテラのこともよく知るビラノバなら彼らを上手く使いながら戦っていける。

そこが今回の件でガラガラっと崩れた。ペップからの流れを継ぎ、バルサをよく知る人間がいなくなった。終わったサイクルでもバルサらしさを損なわず、国内で優勝できそうならそれでもいいという、消極的だが現実的な選択肢を失った現フロント陣の失望は相当なものだろう。

新しいことを始めるのは、相当の覚悟と労力と準備がいる。そのどれもが出来ていなかったロセイをはじめとするフロント陣はどういう決断を下すのか。 今の路線を継続したいならロウラという選択肢もあるだろう。ただ、昨季の指揮ぶりを見るに、納得するバルセロニスタは数える程しかいないはずだ。

となると結局、新しいサイクルを始めなければいけない。バルサらしさは損なわず、あのスター軍団を御しながら、それでいて昨季ドイツの2クラブがみせたハードでタイトで速い最先端のフットボールにもついていかなければいけない。そんなことが出来る人間が果たしてこの世にいるのか、いないのか。

個人的にはビラノバの続投は「逃げ」だと思っていた。問題を先延ばしにしていたって良いことなんてないし、実際に今痛い目を見ている。やっぱりあの0-7に対する明確な答えをみせてくれないと。「ネイマール」なんて答えで騙されるほどバルセロニスタは甘くない。

実際問題誰になるんだろう。プレシーズンが始まった今からではそう選択肢も多くはないはず。理想はクロップになるのかな。ただ、ドルトムントも相当のことがない限り、手放すことはないだろう。昨季のバイエルンのサッカーそのままやってくれるならハインケスでも問題はないんだろうけど。

ハインケスなら魅力的なアングルもたっぷりだし、バルサにはあのレベルのサッカーが出来る素養もポテンシャルもあると思うから、なんとか期待したいけど。まぁ誰になるにしたって、メッシとネイマールを走らせられる選手を希望します。バルサの改革はまずそこから。