読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

メッシの怖いもの

メッシが恩義を語る「バルサはロナウジーニョに永遠に感謝すべき」(SOCCER KING) - Y!ニュース http://t.co/MqA2JTBVdc

全くもってその通りだと思う。もちろんロナウジーニョだけでなく、リケルメリバウド、ジオバンニなどなど、多くのレジェンドたる10番たちの活躍のおかげで今のバルサがあることを忘れちゃいけない。あ…でもリトマネンは別にいいかな

メッシが改めてこんなことを言うってことは、今のバルセロニスタの中にはまだロナウジーニョのことを悪くいう人がいる、ってことなんだろう。 ただ、そういう人たちの気持ちもある程度は分かって、辞める2年前ぐらい前のプレーのがっかりぶりには自分も相当失望させられたし、イライラさせられた。

バルセロニスタバルセロニスタで人生かけてバルサを応援している人もいるから、やっぱり気の抜けたプレーを見せられたら、その分思うところも大きい。

なによりギャップがスゴかった。10数年ぶりにヨーロッパを制覇して「生涯契約を結ぶべきだ」なんて報道が出たこともあったのに、その2年後ぐらいには追い出されるようにバルサを去った。

ホントみるみるうちに劣化していったロナウジーニョ。その原因が練習サボったり夜遊びが激しかったりと、自身の怠惰ぶりにあると手に取るように分かった、ってのも印象が悪かった。管理が出来なかったライカールトも同時期に解任され、後任のペップは厳しく私生活を管理したってのも記憶に新しい。

ロナウジーニョがあっという間に落ちてく様も、バルセロニスタの態度が急激に180度変わっていく様も、両方を目の前で見て、かつ同じ10番を背負うメッシだからこそ、先のような発言が出てくるのだろう、いつか自分も同じ目に会うかもしれない、という恐怖もきっとあるはず。

もしかしたら脱税問題で似たような経験が既にあるのかもしれない。 でも結局選手はピッチの上で評価されるし、過去の活躍も消えるものではない。バルセロニスタはロナウジーニョへの感謝を忘れることはないし、メッシもこれまでのようにサッカーに真摯にプレーを続ければより多くの感謝を集められる。