読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

「タルヘタ・ロハもコパのにぎわい」 国王杯12-13 セビージャvsアトレティコ

国王杯セビージャvsアトレティコながら観。フエラの1stレグで1-2と敗れ、勝ち抜けるには絶対ゴールを許しちゃいけないはずのセビージャが、コスタ、ファルカオにあれよあれよとゴールを奪われ、前半だけで決まってしまった惜しい試合。

ただ、内容はなかなか熱かった。勝利には4点必要になったセビージャだが、サンチェスピスファンの熱気に押され、ナバスのゴラッソを皮切りに怒涛のごとく襲いかかる。両ウイングの突破からのクロスやセットプレーでガシガシ競り勝ち、ボールを枠へ飛ばしたが、最後の最後でクルトワが立ちはだかる。

内容と共に選手も熱くなり、ラフプレーも目立ち始めた。セビージャのメデルとコンドグビアがロハをもらって最近では珍しくかなり荒れた試合に。まぁでも良くも悪くもこうして勝ちたい気持ちが表に出た試合は観戦のしがいがある。その代名詞だったクラシコもここ最近は随分大人しくなってしまったしね。

勝敗を分けたのはトップの決定力。アトレティコの中盤はとりわけこれといった目立った武器はないのだが、コスタかファルカオに渡してしまえば彼らが何かをやってしまう。逆にいえば彼らが何もできなければ勝てないチーム。最近はそんな試合が目立ったけど、この試合はキチンと仕事をこなしてみせた。

ということで国王杯決勝はマドリダービー。準決勝ではクラシコも拝めたし、昨季もそんな感じだったしで、ここ最近は贅沢な国王杯が続いているが、見方を変えればそれだけ顔ぶれが決まっているということ。昔はコパクラシコなんて滅多になかった。

カップ戦の醍醐味ってもっと違うところにある気がするけど、でもどこもあの2チームに勝てないんだから仕方ない。