読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カキナクルー

観た試合の感想なんかをテキトー勝手に書き殴ります

読む人を引かせるほどの情報量、サカダイ版Jリーグ選手名鑑

以前リツイートした記事を参考にサカダイ版Jリーグ選手名鑑を買ってみたけど、その情報量にいい意味でちょっと引く。ユース上がりだろうが、どんな選手でも同じ大きさで扱ってるのにまず驚き。情報も年度別成績はもちろん既婚か未婚、ブログやツイッターのあるなし、愛車とかまで載ってる。

多分、意図的に男子よりも女子が喜ぶように作った本。それでいて選手への批評はザッと読む限り客観的なのも好印象。この本曰く扇原は足が遅く、昨季は終盤ポジションを失って悔しい思いをしたそうだ。テレビではやたら持ち上げられる彼だけど、やっぱ専門の雑誌ぐらいはしっかり現実を伝えないとな。

ちなみに扇原の好きな芸能人は新垣結衣らしい。健勇は鈴木ちなみ。そんな中ちゃっかりAKB48を挙げるジーニアスはやっぱただものではない。

そんなジーニアスの愛車は大物らしくBMW。武器は「攻撃」とやはり大物、えらくざっくりとしている。ベストゲームはもちろんU-17W杯のフランス戦。うーん、彼を一躍スターダムにのし上げた試合だから当然っちゃ当然だけど、そろそろ今季あたりあの衝撃を超える試合を残していただければ。

とまぁこんな具合に何でも載ってて、そこから想像や妄想がドンドン広がってってマジでとまんない。Jはこんなことになってたんだなぁ。950円と信じられないような値段だが、学術書にも引けを取らないこの情報量なら12,000円で売ったって買う人は買うと思う。

これを見てると海外リーグの選手名鑑がなんかちっぽけに見えてきてしまう。もちろん海外の主要リーグの全チームを扱うから比較するべきもんでもないんだけれど。Jの本みたく各リーグを単独冊子にして、情報量を3倍にしてくれれば、価格は5倍ぐらいになっても買いたい。そして英仏独伊西を揃えたい。

ってかJでこれだからやっぱりフットボールの本場ではもっと濃い選手名鑑が売ってるのかも。来季はちょっとチェックしてみよう。